二人の医者

発生の原因

下肢静脈瘤の治療は早めに行うことがとても大切です。このサイトを活用して診断テストを受けましょう。無料で利用することができますよ。

病院

下肢静脈瘤になると足がむくんで血管が浮き出て瘤になったり、足がだるくて疲れが取れない症状が起こります。足の静脈血管には血液の逆流を防ぐための静脈弁がありますが、長時間の立ち仕事や妊娠出産などがきっかけで弁が機能しなくなり、血液が逆流し心臓に運ぶ血液が滞ることになります。そして血液が足の下部に溜まって瘤状になることを下肢静脈瘤と呼んでいるのです。下肢静脈瘤は、店員、理容師、美容師、調理師など立ち仕事をしている人や妊婦に多くまた遺伝によりなる人もいます。下肢静脈瘤は4種類に分類され太い血管が浮き上がる伏在静脈瘤、伏在静脈瘤から分かれた細い血管が浮き上がる側枝静脈瘤、青い網目状の細い血管が見える網目状静脈瘤、毛細血管に血が溜まりクモの巣のように見えるクモの巣状静脈瘤があります。下肢静脈瘤になると外観からもわかり足が疲れてこむら返りになったり、皮膚炎が起きたりするので放置せずに治療するのが安心です。

下肢静脈瘤の治療法には様々な治療法がありますが、従来から行われている治療法に静脈血管に薬剤を入れて静脈瘤をなくす硬化療法があり細い静脈瘤に効果的です。伏在静脈瘤のような太い血管に効果があるのが、ストリッピング手術でワイヤーで静脈瘤血管を引き抜く手術で麻酔して行います。静脈の合流する箇所を糸で縛り、血液の逆流を防ぐ手術が高位結さつ術です。医療用の弾性ストッキングを履いて血管を抑え血液が下肢に滞留しないようにする方法を圧迫療法といい血流がよくなりますが、静脈瘤がなくなるわけではなく進行を遅らせる処置と言えます。最近では下肢静脈瘤の治療に、レーザー治療を取り入れる医療施設が出てきています。レーザー治療には、血管内からレーザーをあてる手術と皮膚表面からレーザーをあてる手術があります。

脳の血管の奇形による病気

婦人

脳の血管が奇形化し、固まって血流を阻害してしまう病気を脳動静脈奇形と言います。脳動静脈奇形の治療は外科手術による、塊の全摘出が基本となります。脳動静脈奇形の大きさや発症部位、患者の状態により、塞栓術や放射線治療が選択されることもあります。

Read More..>>

脚の静脈瘤をご存知ですか

男女

下肢静脈瘤とは、脚の血管に良性の瘤ができる病気です。命に別状はないのですが、スカートや短パン姿だと目立ったり、むくみが出やすかったりします。治療方法は手術や薬の注入、血管内部を焼くなどの方法があります。それ以外に保存的療法といって、マッサージやストッキングでこれ以上の悪化を防ぐと方法もあります。

Read More..>>

頼りになるお医者さん

病棟

平野区で評判のいい病院を探すためには、実際にその地域で暮らしている方の口コミを参考にすることが大切です。また評判だけに捕らわれるのではなく、いざという時にすぐに行くことができる病院までの距離を考慮することを忘れないようにしましょう。

Read More..>>