医者

脳の血管の奇形による病気

脳血管の奇形で現れる症状

婦人

脳内の動脈・静脈が何らかの原因により奇形化することで、一つの塊になってしまう病気を脳動静脈奇形と言います。脳動静脈奇形は脳内、脳の表面、硬膜と言った血管が通っている場所であれば、どこにでも発症します。動脈・静脈の塊が破裂すると脳内出血、クモ膜下出血の引き金となり、さらにはてんかん発作が起こることもあります。現在、脳血管が奇形化する原因は明らかにされていません。一つ確かなことは、年齢とともに奇形化した血管の塊は大きくなっていくということです。その為、脳動静脈奇形は早期発見、早期治療がたいへん重要とされています。脳動静脈奇形の症状として、最も多いのが脳内出血です。そして、てんかん発作が現れるケースも少なくありません。

奇形化した脳血管の治療法

脳動静脈奇形が発症した場合、初期症状として頭痛や吐き気といった症状が現れることが殆どです。軽い頭痛であっても疲れのせいだろうと放置せず、内科または神経内科で検査を行うことが、脳動静脈奇形の早期発見に繋がるのです。脳動静脈奇形と診断を受けた場合、治療は外科手術が基本となります。手術は開頭し、奇形化した動静脈を全摘出する施術が一般的です。ただし脳動静脈奇形の大きさ、発症部位、患者の年齢や状態などを考慮し、塞栓術という血管内治療、ガンマナイフによる放射線治療などが選択されることもあります。そして既に脳内出血やクモ膜下出血を起こしている場合には、入院し症状が改善した後に、脳動静脈奇形の治療は行われます。